メニュー

投薬料の算定

レセプト作成の際、ほとんどの場合に出てくるのがこの投薬料の算定です。

投薬の基礎知識

投薬は、下記3種類に分けられます。

  • 内用薬(内服薬・頓服薬)
  • 外用薬
  • 注射薬

内用薬・・・身体の内側から作用

   ・内服薬→決まった時間に飲むもの。朝・昼・夜1日3回など
   ・頓服薬→臨時に飲むもの(症状が出た時飲む)発熱時、痛みが出た時など

外用薬・・・身体の外側から作用

注射薬・・・注射に使用する薬

カルテに記載されている文字の例
処方 Rp(レシピ)
カプセル C
錠(タブレット) T
○日分 ○TD 又は ○T
前回分と同じ do

薬剤料算定の知識

薬の値段を点数に直して、計算式に表します

  • 内用薬・・・1剤1日分の点数 × 何日分
  • 外用薬・・・1回分の点数 × 何回分
  • 注射薬・・・薬の総量の点数 × 1

※1剤とは→服用時刻、及び服用回数が同じであるもの
※トローチ→口から飲むが、飲み込まないので外用薬です。

●薬剤の値段(円)を点数にするには

  ☆1点=10円です。
  ☆(1単位の)薬剤価格15円以下は1点とします。
    15円を少しでも超えたら2点

 まず、薬剤価格を10で割って、小数点以下が0.5以下は切り捨て。0.5を超えていたら切り上げ
 薬剤料の計算=五捨五超入です。

計算例
薬剤の料金 10で割る 五捨五超入
118.50円 11.85 12点
84.20円 8.42 8点
776.30円 77.63 78点
95.00円 9.5 9点
1435.10円 143.51 144点
13.85円 15円以下は1点 1点

カルテの記載のされ方

  • 内服薬・・・○日分(TD)と処方される
  • 頓服薬・・・○回分(P)と処方される
  • 外用薬・・・それ以外

調剤料と処方料

投薬料は、上記薬剤料のほか調剤料&処方料も算定出来ます。

●調剤料

  内服薬・・・1回9点
  外用薬・・・1回6点

  入院中の患者さんに投薬したとき・・・7点

●処方料

  7種類以上の内服薬の投薬
  (臨時の投薬であって、投薬期間が2週間以内のものを除く。) 29点
  それ以外の場合 42点

※その他、

 麻薬、向精神薬、覚せい剤原料又は毒薬 1点加算
 3歳未満の乳幼児 3点加算
 抗悪性腫瘍剤処方管理加算 70点加算

 などの加算があります。

投薬料の基本

医療事務の資格試験には大抵出題されています。シッカリ覚えましょう!

基本は、手技料+薬剤料です。

手技料 調剤料 【加算】
麻毒加算
「特処」※
3歳未満
処方料
調剤技術基本料(薬剤師がいること)
薬剤料 内服 1剤1日分×○日分
頓服 1回分×○回分
外用 総量×1

※特処・・・非常によく出ます。
特定疾患処方管理加算の略です。カルテに書いてあったら忘れず算定します。1処方につき15点、月2回を限度として算定しますが、処方期間が28日以上(特定疾患の薬剤)の場合は、長期投与加算として1処方につき45点を月1回限度として算定が出来ます。

実際の算定例

実際どのように算定されるのか例を見てみましょう。

例(1)

Rp )  アイデイト錠 1T 分1 7TD

☆アイデイト錠1T=14.40円

初めに「7TD」の部分に注目しましょう。
「7TD」とは「7日分」という意味です。TDと記載されるものは内服薬です。

1T→1回に飲む量です
分1→飲み方です


アイデイト錠は1錠14.40円なので、15円以下は1点となります。
よって、計算式は

1(点) × 7(日分)

となります。

例(2)

Rp )  アイタント錠 100mg 2T 分2 4TD

☆アイタント錠1T=222.90円

TDと記載があるので、内服薬です。

アイデイト錠は1錠222.90円です。
「2T」とあるので、1回2錠飲みます。
なので、×2します。

222.90×2 = 445.8円  →(点数に直す) 44.58点 →  45点

よって、計算式は

45(点) × 4(日分)

となります。

医療事務講座は必ず比較してから決めるべき!です。
1度の入力で、複数の医療事務講座の資料請求ができます(無料です)

医療事務講座の資料をまとめて請求して比較できます。
⇒無料一括資料請求はこちらからできます
☆無料で一括資料請求できる講座は、
・日本医療事務協会  ・ニチイ学館  ・ヒューマンアカデミー  
・生涯学習のユーキャン  ・ソラスト(旧ニック教育講座) 他

どの講座が良いか迷っている方は、医療事務経験者の管理人が選んだ下記の優秀医療事務講座3つも参考にして下さい。



 【取得資格+就職サポート+料金+教材を総合的に比較しました】

【第1位】 日本医療事務協会 
合格率75%の資格を確実に目指し、かつ医療事務の最高峰試験である、診療報酬請求事務能力認定試験を最終的に目指せる。とても現実的だし、W取得はかなり安心感があります。
基本の医療事務講座にプラスして、医事コンピュータ、レセプトチェックなどオーダーメード感覚で学びたいものだけ受講が可能というのも評価点が高いです。
就職支援制度も手厚く、求人内容もパート・正社員・派遣と豊富。なかでも正社員の求人数の多さが最大の魅力です!堂々の総合第1位です。

【第2位】 ニチイ 
40年以上の歴史を持つ医療事務講座。ニチイの修了生5万人以上が現在医療機関で働いていて、実績&信頼が厚いです。
年間6万人が受験する、日本最大規模の試験医療事務技能審査試験を目指します。
契約医療機関数は11,000件。医療機関との太いパイプが就職サポートを後押ししてくれます。通学、通信にWeb上で学べるWebカレッジも加わり、益々学習スタイルが選びやすくなりました。
認定試験には対応していないため、総合比較第2位です。

【第3位】 ヒューマンアカデミー 
医療事務の最高峰&最難関試験である診療報酬請求事務能力認定試験に対応
そのほか医療秘書資格、医事コンピュータ資格等最大5つの資格が目指せます。「医療保険士」資格は100%合格保証制度付き。就職サポートはヒューマンリソシアによる就職先の紹介となります。
5つの資格を取得できるのは魅力大!ですが、料金設定が高めなため総合第3位です。

 当サイトの医療事務講座比較はこちら
医療事務資格が5分でわかる!医療事務になるまでチャート
医療事務資格の勉強法