メニュー

医療事務の資格はなぜ人気がある?

人気の資格ランキングで、不動の1位ともいわれる医療事務の資格ですが、どうしてこんなに人気があるんでしょうか。
ここでは医療事務資格のメリットとして、「医療事務の7つの強み」を挙げていきます。

  • はてなブックマークに追加

強みその1 【全国どこでも働ける】

医療事務の大切な仕事である「レセプト業務」は、厚生労働省が定めた医療保険に関する仕事で、日本全国どこでも統一されているものです。
書き方や仕組みも全てが統一されているので、全国どこでも通用するスキルです。

さらに、医療機関は日本全国にあります。病院だけでなく、診療所、薬局、歯科医院や介護施設など、全ての施設にて仕事のチャンスがあります。

医療事務のスキルは、都会から田舎へ、田舎から都会へと万が一引越す事になったりしても、そのまま通用するので大丈夫、というのが強みです。

強みその2 【専門性の高い職業】

医療事務をする上で、知っておかなければならない知識として、診療報酬請求の知識と医療保険制度はかかせないものです。この知識は両方ともとても複雑で、専門性の高いものです。
特にレセプト作成業務は専門性が高い上に、間違っていると病院にお金が入ってこないので、病院の経営が成立しなくなり、非常に重要な役割です。

また最近は医療事務職員に求められる能力も高度化、さらに専門化してきているそうで、病院経営の観点からの考え方も必要とされるなど、IT化の推進・競争原理の導入によって、医療事務の位置づけも変わってきているといいます。

ますます専門性の高い職業となってきているので、これから医療事務職がますます重要になってくるかと思います。

強みその3 【勤務スタイルが選べる】

医療事務の仕事は、他の職種に比べて「働き方を自由に選ぶ事が出来る」と言われています。
正社員で、パートで、派遣社員で・・などというように勤務形態が選べたり、さらにパートなら午前中のみとか、午後のみ、などといった募集のかけられ方もしています。

例えば、独身のうちは正社員でバリバリ働く!
結婚したら週4,5日のパートで・・
子供が大きくなってきたからそろそろまた経験を生かして働こう!
などなど。

生活環境に合わせて長く働ける、というのが医療事務が根強い人気を持つ理由のひとつです。

強みその4 【年齢に関係なく働ける】

年齢だけでなく、性別も問わずに活躍出来るのが医療事務のいいところです。
身につけている能力や経験があれば、年齢を問わずに再就職が可能と言われています。

病院では患者さんに対して、細やかな心遣いや柔らかな物腰が望まれます。
このような配慮は、ある程度人生経験を積んでいる人の方が身についているため、病院によってはあえて年齢の高い人を望む、ということも多いそうです。
また、育児経験があるお母さんは、小児科や産婦人科など小さい子供が居る科で、その育児経験が役立つとされています。

強みその5 【需要が高まる医療機関】

日本は超高齢化社会であり、今後、どんどん高齢者が増えていきます。
この高齢化社会において、医療機関で必ず必要な医療事務は、今後も需要が高まっていくでしょう。

実際に、全体的な医療機関数は年々増加しています。
特に高齢者を対象とした診療科や、長期療養病棟を新設するところは増えているそうです。

介護施設もこれから伸びると言われていますが、介護施設で働く医療事務のひとつ、「介護事務」も益々需要が高まると予想しています。

強みその6 【未経験でも働ける】

医療事務には、民間資格はあっても医師や看護師のような国家資格はありません。
なので、医療機関が採用すれば、特に資格が無くても働く事は出来ます。つまり未経験OK!なのです。

(ただ、求人を見てみると「経験者のみ」「医療事務資格保有者のみ」などの指定条件も多いのは事実です。医療事務職員に求められるものは専門的な知識と技能なので、資格を取ってから就職する人が圧倒的に多いのが現実です。)

強みその7 【一度修得すれば一生使える】

医療事務の資格には期限が無いので、一度修得したものは一生有効となります。

※ただ診療報酬の改定や医療法の改定などは多くあるので、常に勉強し成長していく姿勢が大切だと私は思います^^

医療事務講座は必ず比較してから決めるべき!です。
1度の入力で、複数の医療事務講座の資料請求ができます(無料です)

医療事務講座の資料をまとめて請求して比較できます。
⇒無料一括資料請求はこちらからできます
☆無料で一括資料請求できる講座は、
・日本医療事務協会  ・ニチイ学館  ・ヒューマンアカデミー  
・生涯学習のユーキャン  ・ソラスト(旧ニック教育講座) 他

どの講座が良いか迷っている方は、医療事務経験者の管理人が選んだ下記の優秀医療事務講座3つも参考にして下さい。



 【取得資格+就職サポート+料金+教材を総合的に比較しました】

【第1位】 日本医療事務協会 
合格率75%の資格を確実に目指し、かつ医療事務の最高峰試験である、診療報酬請求事務能力認定試験を最終的に目指せる。とても現実的だし、W取得はかなり安心感があります。
基本の医療事務講座にプラスして、医事コンピュータ、レセプトチェックなどオーダーメード感覚で学びたいものだけ受講が可能というのも評価点が高いです。
就職支援制度も手厚く、求人内容もパート・正社員・派遣と豊富。なかでも正社員の求人数の多さが最大の魅力です!堂々の総合第1位です。

【第2位】 ニチイ 
40年以上の歴史を持つ医療事務講座。ニチイの修了生5万人以上が現在医療機関で働いていて、実績&信頼が厚いです。
年間6万人が受験する、日本最大規模の試験医療事務技能審査試験を目指します。
契約医療機関数は11,000件。医療機関との太いパイプが就職サポートを後押ししてくれます。通学、通信にWeb上で学べるWebカレッジも加わり、益々学習スタイルが選びやすくなりました。
認定試験には対応していないため、総合比較第2位です。

【第3位】 ヒューマンアカデミー 
医療事務の最高峰&最難関試験である診療報酬請求事務能力認定試験に対応
そのほか医療秘書資格、医事コンピュータ資格等最大5つの資格が目指せます。「医療保険士」資格は100%合格保証制度付き。就職サポートはヒューマンリソシアによる就職先の紹介となります。
5つの資格を取得できるのは魅力大!ですが、料金設定が高めなため総合第3位です。

 当サイトの医療事務講座比較はこちら

医療事務のこと、もっと知りたい

医療事務資格が5分でわかる!医療事務になるまでチャート
医療事務資格の勉強法